Blog&column
ブログ・コラム

空き家が売れない理由とは

query_builder 2021/04/21
コラム
paper-hand-business-card
空き家を売却したいけれど、なかなか売れずに困っているという方はいませんか?
売れない空き家には様々な理由があります。
今回は、空き家が売れない理由をいくつか紹介していきます。
もしかしたら、あなたの空き家にも売れない理由が当てはまるかもしれません。

▼空き家が売れない理由

■建物が古い
建物が古いということが空き家が売れない理由として最も多いものです。
築年数が経っている建物は、劣化・汚れ・設備・デザインなどが良くない傾向にあります。

■建物が劣化している
建物が古くなくても建物の劣化が進んでいるとなかなか買い手が見つかりません。
逆に築年数が経っていてもメンテナンス性に優れていて、基礎がしっかりした物件のほうが売れやすいです。

■立地が悪い、不便な場所にある
田舎や過疎地にあるアクセスの悪い空き家は買い手が付きづらいです。
田舎の空き家の活用方法は限られるので、たとえ条件の良い物件だったとしても希望する人は少ないです。

■適正な価格ではない
築年数や建物の状態に合った価格でないとなかなか売れません。
一度近隣の物件の相場と比較してみることをおすすめします。

■再建築できない土地である
現在の空き家は、旧建築基準法の時に建てられたものがほとんどです。
空き家を解体しても新しい家を建てる事ができない場合があります。
再建築できない土地は新しい家を建てられないので、売却するのは難しいでしょう。

■不動産会社が合わない
不動産会社には得意不得意があり、空き家を売りたがらない会社もあります。
積極的に空き家の売却をサポートしてくれる不動産会社を選びましょう。

▼まとめ
なかなか売れない空き家はこうした理由がある可能性が高いです。
空き家をスムーズに売却したいとお考えでしたら、是非株式会社リレーションシップにご相談ください。

NEW

  • 空き家査定

    query_builder 2021/04/14
  • 空き家管理

    query_builder 2021/04/05
  • 春を感じます

    query_builder 2021/03/27
  • 遺品整理

    query_builder 2021/03/26
  • 空き家売却査定

    query_builder 2021/03/20

CATEGORY

ARCHIVE