Blog&column
ブログ・コラム

空き家に火災保険は必要なのか?

query_builder 2021/05/08
コラム
home-home-insurance-house-insurance-company
急な転勤が決まってしまって家を空ける状態になった場合や、相続を行った空き家は今後住む予定がない場合でも
しっかりとした管理が必要になってきます。
今回は、空き家に対する火災保険の必要性について詳しく紹介していきたいと思います。

▼空き家に火災保険は必要?
もう住む予定がない空き家でも、火災保険は必要になってきます。
例えば放火や近隣などからのもらい火、自然災害による落雷や漏電などによって火災が起こってしまう可能性もあります。
また、空き家ということもあり不審者のたまり場などになってしまうリスクもあり、そうなってしまった場合火の不始末などによって
大変なことを起こしてしまう可能性もあります。
さまざまなトラブルの可能性をしっかりと考えて、空き家の資産価値の有無などに関わらず、火災保険へ加入されることをおすすめ
します。

▼空き家の火災保険ポイント
空き家の場合、保険上で特殊な位置づけにあります。
空き家は通常の家よりもリスクなどが高い物件になりますので、高い保険料が必要となってくるものや管理状況によって
加入できる保険の種類などが異なってきます。
ポイントとして、保険料を決める要素にもなる補償範囲・保険期間・補償金額などをどのようにしたいか考えておく必要があります。

▼火災保険に加入できない空き家も存在する
空き家の全てが火災保険に加入できるわけではありません。
空き家の老朽化が進んでいたり、管理状況などによっては加入を断られてしまう場合もあります。
そうなった場合、万が一火災など起こると大きな費用負担が発生してしまいます。
空き家は所有しているだけでも維持費がかかってきますので、火災保険への加入ができないと決まった際には空き家を手放すという
選択肢も考えてみることをおすすめします。

NEW

  • 空き家査定

    query_builder 2021/04/14
  • 空き家管理

    query_builder 2021/04/05
  • 春を感じます

    query_builder 2021/03/27
  • 遺品整理

    query_builder 2021/03/26
  • 空き家売却査定

    query_builder 2021/03/20

CATEGORY

ARCHIVE