Blog&column
ブログ・コラム

空き家解体のメリット・デメリット

query_builder 2021/05/15
コラム
excavators-demolition-construction-vehicle-crash
長い間使用していない空き家を所有されている方はいませんか?
空き家を放置しておくと、倒壊の恐れだけではなく、放火や窃盗といった被害にあってしまう可能性があります。
土地を再度利用するという方は空き家を解体するという選択肢もあります。
今回は、空き家解体のメリット・デメリットを紹介していきます。

▼空き家を解体するメリット

■空き家の管理をする必要がなくなる
空き家は放置すると特定空き家に指定されるため、必ず管理しなければなりません。
空き家を管理するには手間も費用も掛かります。
掃除をおこなったり、修繕するなどメンテナンスに困っている方も多いでしょう。
もし空き家が遠方にあるなら、交通費や労力も使うことになります。
空き家を解体することで、こうした悩みから解放されます。

■土地を売却しやすくなる
今後使用する予定がないなら売却も考えますよね。
築年数が経っている空き家なら解体をおこなって、更地にしたほうが買い手が付きやすくなります。
また、買い手が見つかるまで、駐車場として活用する事もできます。

▼空き家を解体するデメリット

固定資産税が上がる
空き家を解体すると固定資産税の軽減措置が受けられなくなるので、固定資産税が上がります。
市街化地域にある空き家は、都市計画税もかかるのですが、こちらも上がります。
しかし必ずしも軽減されないわけではないので、今後も土地は残しておく予定であれば、一度確認しておくと良いでしょう。

解体にお金がかかる
解体と不用品の処分には費用がかかります。
費用が不安な方は、空き家の管理費と解体費用を比較してから検討しましょう。

▼まとめ
空き家の解体をお考えの方は、メリット・デメリットを理解したうえで計画をたてていきましょう。
横浜市港南区近郊で空き家の管理売却でお悩みの方は、株式会社リレーションシップにご相談ください。

NEW

  • 空き家査定

    query_builder 2021/04/14
  • 空き家管理

    query_builder 2021/04/05
  • 春を感じます

    query_builder 2021/03/27
  • 遺品整理

    query_builder 2021/03/26
  • 空き家売却査定

    query_builder 2021/03/20

CATEGORY

ARCHIVE