Blog&column
ブログ・コラム

空き家の老朽化について

query_builder 2021/07/01
コラム
water-vacations-architecture-buildings
人が住んでいない家は老朽化しやすくなります。近年では空き家の老朽化が問題になっています。
空き家が老朽化する原因と老朽化を防ぐ方法についてご紹介します。

▼空き家だと劣化が進みやすい
家に人が住まないと劣化が早くなってしまう原因をご紹介します。

■掃除をしない
人が住む家では掃除を行い手入れを行いますが、空き家になると掃除や手入れを行いません。
家は閉め切っていてもほこりやごみが発生し、カビや虫の原因となります。
クロスや床、天井などの劣化も早くなり、床や屋根裏など見えない部分にも劣化してしまいます。

■換気しない
人が住んでいれば、窓やドアを開けたり換気扇を回したりするので換気が行われますが、
空き家は、ドアや窓を完全に閉め切っているため空気が全く流動せず滞っていることになります。
梅雨の時期は湿気が家の中にこもるため、カビも繁殖しやすくなります。
換気ができていない空き家は劣化がとても早まります。

■修繕しない
人が住む家は、地震や台風などで家の一部が損傷あいたり、雨漏りが発生した場合で修理を行いますよね。
ですが、空き家はそのまま修繕も行わず放置されることで、雨風に晒され劣化も早まり倒壊の恐れまで出てきます。

▼空き家の老朽化を防ぐためには
空き家の定期的な掃除やメンテナンス、換気を行うことが大切になりますが、
「所有している空き家まで距離がある」、「体が不自由でなかなか行くことができない」
などさまざまな理由で空き家を放置してしまっている所有者は増えています。
そんな方には、空き家を管理してくれるサービスを利用することをおすすめします。
所有者に代わって物件を訪れ、部屋の換気や簡単な清掃をしたり、通水や水漏れのチェック、
庭の状態などの確認をしてもらえるサービスです。

▼まとめ
空き家の管理までなかなか手が回らず放置することで老朽化が進んでしまいます。
資産価値を落とさないためにも定期的なメンテナンスや掃除、換気を行いましょう。
空き家に出向くことができない場合は、空き家を管理してくれるサービスなどを利用してみるのもおすすめです。

NEW

  • 空き家査定

    query_builder 2021/04/14
  • 空き家管理

    query_builder 2021/04/05
  • 春を感じます

    query_builder 2021/03/27
  • 遺品整理

    query_builder 2021/03/26
  • 空き家売却査定

    query_builder 2021/03/20

CATEGORY

ARCHIVE